発酵食品で毎日の【 腸・ココロ・カラダ 】の元気をサポートするおりざです!

おりざのコラム

18.03.23

発酵食品について腸とわたし

○○がいいとか悪いとか。

小麦だったり、玄米だったり、その他いろいろ、いいと言われたり、悪いと言われたり。

 

いろんな意見がありますよね。

 

 

その意見は、どこからの視点で話がなされてるのか。

 

 

究極、全部悪いかもしれないし、全部悪くないかもしれない。

 

そのままだと悪いから、

火を入れるとか、組み合わせるとか、発酵させるとか、

いろんな手を加えて、私たちはどうにかあるものから栄養を得ようと頭を使ってきたわけです。

 

 

だって、ふぐの毒が消える方法を見つけ出したんですよ!?

未だになぜ消えるのかはわかってないけど。

塩漬けにして、ぬか漬けにしたらなぜだか消えて食べられる。

 

すごいですよねー!

 

 

そんな、様々な先人たちの知恵に生かされているんですね。

 

 

その植物たちは悪くないです。その動物たちは悪くないです。

私たちは、その命をいただくことにより、生かされています。

ありがたいなぁと思います。

 

 

こんなに食材が溢れるほど手に入る時代、地域はなかなかありません。

目の前の、助けてくれる命たちに、いただきます、と感謝してありがたくいただくことが、最大限の礼儀であると思っています。

 

 

その子たちを、悪いものにしちゃってるのは何ですか?

生産方法?

エサ?

環境?

私の体?

 

 

食べられない体なら、食べられるように治せばいい。

作られる過程に問題があるなら、いいものを選べばいい。悪くなくなるように手を加えればいい。

 

そのために、知識って大切だなぁと思うのです。

 

調理法で、組み合わせで、発酵で、良いものに変わるなら、それが一番いいですよね。

 

 

いつも、おいしく、しあわせに。

 

いただきます。

 

 

コラム一覧へ