発酵食品で毎日の【 腸・ココロ・カラダ 】の元気をサポートするおりざです!

発酵食品について

18.12.28

発酵食品について

酵素がいきてる!ってどういうこと?

『お砂糖を使わない酵素ドリンク講座』にご参加の方は、酵素ドリンクってそもそも体にいいの?と思って学びに来ました、というお声が、ご参加の方の1/5くらいかな。意外と多いです。

 

 

そもそも酵素って何???

(酵素についてはこちら)

 

なぜ、酵素ドリンクという名前がついているんでしょうか?

 

 

 

そして、ちょっと知識がある方によくある疑問。

 

 

《市販の酵素ドリンクって、酵素が死んでるんじゃないの?》

 

今日はこちらについてのお話。

 

よく、《酵素が生きてる!》と書かれているものがありますが、この《いきてる》は、《生きてる》ではないんです。

漢字としては《活きてる》の方。

 

そもそも酵素は生き物じゃありません。物質です。たんぱく質の一種です。(詳しくは酵素って何?をご参照ください)

 

 

なので、

《活きる》の対義語としての《死んでる》という意味で、死んでるということです。(働きがなくなるということ)

 

ここ結構大事。

 

 

 

で、ほとんどの商品は、製造過程で、酵素が働かない形に変化しています。なので、わざわざ《活きてる!》と書かれてないものに関しては、酵素ドリンクを摂っても酵素としては使えません。働いてくれません。

 

じゃぁ、手作りすれば大丈夫なのか。

 

 

結論から言えば、ちゃんと働いてはくれるんですが、じゃぁどういう時に、どのようにとるといいの?など、またいろいろと疑問が出てきますよね。

 

 

それについては長くなるので講座で、またはコラムにいつか書くかも。

 

 

 

組み合わせで、酵素をダメにしちゃうこともあるのでそれもまたどこかで!

 

 

何を目的として何をどうとるのか。

 

どのような条件だと何がどう大丈夫なのか、ダメになるのか。

 

 

情報を見るときは気にしてみてくださいねー。

 

 

量はいっぱい含まれているけど使えないとか、よくある話です。

 

 

このやり方だと減少しないので大丈夫ですよーは、量の話で、実は形が変わって使えなくなってます、なんてこと…あるかもね!

発酵食品について一覧へ