発酵食品で毎日の【 腸・ココロ・カラダ 】の元気をサポートするおりざです!

おりざのコラム

19.02.25

発酵食品について

ガマンしなくても大丈夫!

発酵食品を普段の食事に取り入れるようになって一番言われる変化が『味覚が変わった!』というもの。

 

 

今まで食べていたジャンクフードやスナック菓子、加工食品などに含まれる様々な添加物に対する違和感を舌で感じられるようになり、自然と『おいしい=体にやさしいもの』を選ぶようになります。

 

 

発酵させることによりタンパク質が分解され、元の食材から旨味がうまれます。

 

 

つまり、天然の旨味成分を自然と取り入れるようになり、違いに気づくことができる舌に変わっているのです。

 

 

おいしいと感じるものを食べることで自然と健康になり、それをキープしていく。

 

 

まずは和食の基本となる調味料『さしすせそ』から、本物の発酵食品に変えていきませんか?

 

 

さしすせその選び方や、日本に昔から伝わる超万能発酵調味料『醤(ひしお)』について、発酵とも密接に関係する酵素や、日本の発酵食品に欠かせない麹については、『日本の発酵食品と醤(ひしお作り)』でたっぷりとご紹介。

 

発酵食品を取り入れて、我慢しなくても自然と健康を選ぶ体づくりをはじめましょう!

コラム一覧へ